MENU
映画

映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

小栗旬さんと星野源さんの共演で注目の映画『罪の声』が2020年10月30日に公開されます。

この記事では、35年前に実際にあった昭和の未解決事件をモチーフとした『罪の声』のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

未解決のまま時効を迎えた昭和の大事件『グリコ・森永事件』について、筆者が綿密な調査をして作り上げた超大作の全貌をぜひじっくりご覧ください!

映画『罪の声』とは?原作は?

tsuminokoe 8 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

映画『罪の声』の原作は、塩田武士さんのベストセラー小説です。

実際の事件の犯行をモチーフに綿密な取材を加えたフィクションが、“本当に真相はこうだったのではないか”と思わせる骨太なストーリー展開が大きな話題を呼びました。

満を持しての実写映画の出演者も、小栗旬さんと星野源さんのW主演に加えて豪華なキャストが名を連ねています。

tsuminokoe 7 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

監督は『いま、会いにゆきます。』『ハナミズキ』『ビリギャル』など幅広いジャンルを手掛ける土井裕泰監督で、脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル 』の野木亜紀子さん!とても豪華ですね!

映画『罪の声』あらすじ要約

tsuminokoe 300x174 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

まずは映画『罪の声』のあらすじの要約を公式サイトからご紹介します。

35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。
食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪――

大日新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、既に時効となっているこの未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。
一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、家族3人で幸せに暮らしていたが、ある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。
「俺の声だ――
それは、あの未解決の大事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声だった!

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。
「正義」とは何か?「罪」とは何か?
35年の時を経て、それぞれの人生が激しく交錯し、衝撃の真相が明らかになる――

引用:映画『罪の声』公式サイトより抜粋

実際の事件は未解決のため、事件の出来事は事実でも、結末や真相はフィクションです。

では小説の詳しいあらすじを見ていきましょう!

映画『罪の声』あらすじネタバレを詳しく!

映画『罪の声』のあらすじを、原作小説を基にネタバレありで結末までご紹介します。

あらすじ① 31年前の犯行の声

tsuminokoe 4 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

京都でテーラー(紳士服の仕立て屋)を営む曽根俊也(星野源)は妻と娘と実の母親と穏やかに暮らしていました。

ある日、体調を崩し入院してしまった母親・真由美から、アルバムと写真を持ってきて欲しいと頼まれ、父・光雄の遺品の中を探すと、古いカセットテープと黒いノートを見つけます。

テープを再生してみると、幼い頃の自分のたどたどしい声が。

「ばーすーてーい。じょーなんぐーの、べんちの、こしかけの、うら…」

俊也には録音された記憶はなく、不思議な単語を話す自分の声を不審に思いながら、ノートを開いてみると、ほとんど英語で書かれた文章の中に「ギンガ」「萬堂」という文字があります。

「ギンガ」「萬堂」とは日本で有名な菓子メーカーで、その2つのお菓子メーカーといえば世間を騒がせた事件『ギン萬事件』が俊也の頭に浮かびました。

あらすじ② ギン萬事件の概要

『ギン萬事件』とは、1984年にギンガの社長が誘拐され身代金を要求された事件を皮切りに、多数の菓子・食品メーカーを恐喝したり、毒入りのお菓子をばら撒いたりと、社会全体を揺るがせた大きな事件です。

一連の事件は1985年に犯人グループが終息宣言を出したことで幕を閉じており、2000年に事項が成立しています。

そして事件の特徴は、企業や警察への接触の際、女性や子供の声で録音されたテープを使用されたこと。

俊也は、ネットで事件で使用されたテープの音声を検索すると、まぎれもなく先ほど聞いたテープの声と同じもの…なぜ自分の声が、事件に使われているのか?

俊也は不安を抱えきれなくなり、父の幼馴染・堀田信二と真相を探ることにします。

ギン萬事件 = グリコ・森永事件です。
日時や事件の内容はほぼ一緒です。

あらすじ③ 深まる疑惑

堀田は、俊也の父親・光雄の兄の曽根達雄(宇崎竜童)という人物にまずは話を聞こうと提案します。

達雄と親しかった人物に会っていく内に、達雄と、達雄と光雄の父・曽根清太郎の過去が分かってきました。

俊也の祖父に当たる曽根清太郎はなんと「ギンガ」に務めていました。

また清太郎は、新左翼の過激派と交流があり、活動が過激になって起きた党内部の分裂による集団リンチによって、1974年に命を落としています。

左翼に所属していたわけではなかったのに巻き込まれて命を落とした清太郎ですが、左翼集団と関与していると報道されたことで、葬儀に「ギンガ」の従業員は誰一人来なかったのです。

父の理不尽な死と「ギンガ」の態度に憤りを感じた達雄は、自ら過激派の連中と関わるようになり、日本とイギリスを行ったり来たりしていたようですが、詳しい動向と現在の居場所は分かりません。

俊也の父・光雄は、家族に清太郎や達雄のことを話したことがなく、初めて祖父と伯父が「ギン萬事件」に何らかの関りがある可能性に驚きます。

当時の報道から、犯人はグループであると言われており、俊也と堀田は達雄の知り合いからそのグループの会合があったと言われる料理屋「し乃」を訪れました。

女将は何も話しませんでしたが、板長の証言で、達雄と同じ柔道教室に通っていた生島秀樹の存在を知ります。

俊也が気になったのは、生島秀樹の一家が事件と同時期に行方不明になっていることと、子供の存在です。

生島は元滋賀県警の暴力団担当で、暴力団との癒着問題で警察を懲戒免職になっており、その後、ギンガ事件と同時期に生島一家は姿を消しています。

また、生島には当時中学三年生の娘・望と小学二年生の息子・聡一郎がおり、「ギン萬事件」に使用されたと言われる3人の子どもの声のうち、俊也以外の2人の人物像と一致しているのです。

あらすじ④「ギン萬事件」を追う新聞記者

tsuminokoe 3 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

偶然にも時を同じくして、大日新聞の記者・阿久津英士(小栗旬)が「ギン萬事件」を追っていました。

阿久津は年末企画の”未解決事件”の特集のため「ギン萬事件」を担当していたのです。

阿久津は先輩記者や当時の新聞記事などから事件の全貌を学び、ひとつの仮説を組み立てます。

犯人の狙いは、身代金や世間を騒がせることではなく、株価操作だっのではないか?

「ギン萬事件」により株価の乱高下を意図的に起こしたとしたら、犯人グループは株取引で莫大な利益を得ていたことになります。

そしてグループの痕跡を追っていく内に、阿久津も小料理屋「し乃」にたどり着くのでした。

あらすじ⑤ もう1人の子供

俊也と堀田は、生島秀樹一家が行方をくらました後の動向を探りました。

生島秀樹は犯行グループ内の仲間割れで殺されており、その後、妻・千代子と娘・望と息子・聡一郎は父親を殺したヤクザの元で人質としてひどい生活を強いられていました。

娘の望は、学校の友人に「ギン萬事件の犯行の声の子供は自分だ」と話していたということも明らかになり、助けの電話をしていることがバレて殺されてしまっています。

弟の聡一郎は、住処が火事になったのをきっかけにヤクザの元から逃げ出しており、母親・千代子も今も行方がわかりません。

俊也は同じ加害者の子供であるにも関わらず、今まで何も知らずに平穏に暮らしてきたことを恐ろしく思い、事件のことを調べるのはもう終わりにしようと決意します。

あらすじ⑦ 事件を追う2人の出会い

tsuminokoe 9 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

新聞記者・阿久津は、小料理屋「し乃」で曽根達雄の甥っ子・俊也が訪ねてきたことを知り、京都のテーラーで俊也と対面します。

事件のことはもう追わないと決めた俊也は阿久津を突き放しました。

亜久津は「ロンドンにいるあなたの叔父・曽根達雄さんに会いに行ってきます」と告げて帰っていきました。

あらすじ⑧ 叔父・達雄の独白

亜久津はロンドンで曽根達雄になんとか会うことができました。

調べ上げてきたことや組み立てた仮説を伝え、達雄に事件の真相を教えてほしいとお願いすると、達雄はゆっくりを話し始めました。

——————

きっかけは、やはり父・清太郎の理不尽な死。

ギンガ会社や犯人への怒りから、父親を手にかけた集団と敵対する組織に所属し、過激派活動に身を投じた達雄は、これでは父親の仇と同類だと気づき、足を洗うためにロンドンへ飛びます。

イギリスでも革命のために戦争や争いが絶えない現状に失望した達雄の元に、生島秀樹がやってきました。

生島は警察をクビになってお金に困っており、金儲けの誘いを達雄にしてきました。

具体的な計画はまだ無かったようですが、警察に世間に一泡ふかせて、金儲けをしよう!という「一発逆転してやる」という生島の欲望に魅了された達雄。

計画立案を任された達雄は、黒革のノートを手に着々と準備を進めていきました。

あらゆる恐喝事件を調べ上げた末に、「身代金の受け渡しは成功しない」という結論に至り、誘拐・脅迫による株価操作で利益を出す計画を立てたのでした。

集まった犯人グループ9人はさまざまな知見を持つメンバーでした。

9人は2つのチームに別れて行動し、Aチームは現場仕事を、Bチームは頭脳労働や交渉・脅迫を担当していたと言います。

計画が進むにつれて次第に実行犯のAチームの方が立場を強めていき、達雄の計画を無視して身代金を本当に奪おうとして失敗し、かすかな証拠を残してしまいます。

この事件がきっかけとなり、チームは分断・対立し、その結果衝突が発生し生島はメンバーに殺されてしまいます。

その後もいくつかの事件を起こし、お金を稼ごうとしますが、これ以上やると捕まると考えたメンバーたちは自然と解散し、誰一人として捕まらず事件は終わったのでした。

そして達雄は実家のテーラーに証拠であるノートとカセットテープを隠し、イギリスへと戻ったのでした

あらすじ⑨ 事件の終わり

ロンドンから帰国した阿久津は、達雄尾のインタビューを持って再び俊也の元を訪れます。

自分の父親が犯人ではなかったと一安心した俊也。

事件の真相を知った2人は考えます。

『事項が成立しているこの事件の”終わり”とは何だろう』

阿久津自身もこの記事の到達点を犯人特定とは考えておらず、身勝手な理由で犯罪に加担させられた子供たちの未来を守りたい、という思いで2人はまた動き出します。

阿久津と俊也は、生島聡一郎を探し出します。

2人の前に現れた聡一郎は、犯人グループから隠れるために悲惨な人生を送っていました。

聡一郎は、俊也から父親と姉を殺した犯人メンバーが既に亡くなって逃げ回る必要がないことを知ると、安堵で泣きながら”母親の千代子を置いて逃げたことを後悔ている、会いたい”と思いを伝えます。

俊也と阿久津は聡一郎の願いを叶えると心に誓います。

——————

ロンドンの達雄から俊也宛てに手紙が届き、テープを録音したのが俊也の母親・真由美であることを知ります。

「ギン萬事件」に間接的に関わっていたのは、父ではなく母の方だったのです。

真由美は結婚前から過激派に関係があり、警察に恨みがありました。

そして達雄には借りがあったことがあり、彼の話に乗り俊也の声を犯行に使ったのでした。

母・真由美が俊也にわざとテープと黒革のノートを見つけさせたのは、自身の葛藤と息子に判断をゆだねるためだったのです。

あらすじ⑩ それぞれの未来

阿久津はその後「ギンガ・萬堂事件」の記事を公表し、記事は世間で大きな話題となりました。

また、聡一郎の記者会見を開き、俊也が匿名でインタビューを受けたことが大きく報道されると、母親が神戸の老人ホームにいることが判明します。

30年ぶりの再会に泣きながら抱き合う母子の姿を見て、阿久津と俊也は「ギン萬事件は終わり」を実感しました。

俊也はまぶたを閉じ、深く息をすると、達雄に会いに行くことを決めたのでした。

映画『罪の声』と実際の事件の相違点

tsuminokoe 300x174 - 映画『罪の声』あらすじネタバレ!モチーフとなった昭和の大事件との比較も合わせて紹介

映画『罪の声』は昭和の大事件をモチーフに描かれた作品です。

あらすじで紹介した事件内容に関しては、「グリコ・森永事件」を忠実に表現していると思われます。

ただ、あくまでも公表されている、時間・場所・文章だけが事実で、企業名や人物名などの固有名詞は全て変更され、犯人の動機など公表されていない情報は、原作者が創作されたフィクションです。

未解決事件のため、実際の犯人は誰なのか、何人いたのかもわからないにも関わらず、原作者の塩田さんのより綿密な取材により、本当はこんな事実があったのでは?と思わせる展開になっていますね!

まとめ

小栗旬さんと星野源さんの共演で注目の映画『罪の声』のあらすじ・ネタバレをご紹介しました。

35年前に実際にあった昭和の未解決事件をモチーフとした『罪の声』は、事実をベースとしたフィクションですが、骨太なストーリーに実力派俳優さん達の演技が合わさり、壮大な映画になっているはずです!

ぜひ映画館でご覧ください!


error: Content is protected !!