政治

高市早苗がネットで人気の理由&評判は?動画再生数が桁違い!サナエタオルも爆売れ?

管総理大臣の後継者を決める自民党総裁選挙。その決戦の火蓋が切って落とされました。

中でも一際注目を浴びているのが高市早苗氏です。理由はメディアでの世論調査では読み取れなかった高市早苗氏のネット民からの支持率の高さです。

なぜ高市早苗氏はネット民からの人気が高いのでしょう?

今回は、ネット民から絶大なる支持を得ている高市早苗氏の人気の理由&評判について探ってみました。

▼高市早苗氏の学歴・経歴についてはこちら

高市早苗,学歴
高市早苗は学歴高い?高校大学経歴まとめ|学生時代はバンドマン?卒業後はアナウンサー?日本史上初の女性総理大臣誕生か?と世間から最も注目を浴びている高市早苗氏。 育ちも良く、学歴も高い有名大学卒業のエリートなのでは?...

高市早苗の人気がなぜかネット民と世論に『ずれ』?

まずはマスメディアが行なった世論調査の結果を見てみましょう。

高市早苗のマスメディアでの総裁選支持率

高市早苗,人気,評判参照:FNNプライムオンライン

こちらはFNNが、2021/9/20に発表した世論調査の結果です。立候補者4人のそれぞれの支持率を見てみますと、

●1位:河野太郎(52%)

●2位:岸田文雄(17.9%)

●3位:高市早苗(16.4%)

●4位:野田聖子(2.9%)

河野太郎氏が半数を超え断トツの支持率となっています。

高市早苗,人気,評判参照:日本テレビ緊急電話調査「誰に投票するか?」

またこちらは、日本テレビが全国の有権者に対しておこなった緊急電話調査の結果です。(注:自民党員・党友のみ調査)

●1位:河野太郎(33%)

●2位:岸田文雄(25%)

●3位:高市早苗(19%)

●4位:野田聖子(6%)

先の世論調査の結果とは若干支持率の差はありますが、その順位はほぼ同じです。

2つの票を見比べると、やはり支持率の高い河野太郎氏もしくは岸田文雄氏が次期総理では?と考えられますが、実はある媒体では別の結果がでているのです。

その媒体とはインターネット。

では次はインターネット上での総裁選支持率を確認してみましょう。




高市早苗のネットでの総裁選支持率

こちらは9/6~9/9までおこなわれたYahoo!によるアンケートです。

高市早苗,人気,評判

23万5000人が回答。立候補者4人に対する支持率は以下のとおりとなりました。

●1位:高市早苗(115,424票/41.9%)

●2位:河野太郎(62,297票/26.5%)

●3位:岸田文雄(26,479票/11.3%)

●4位:野田聖子(2,474票/1.1%)

なんとネット上のアンケートでは、41.1%とほぼ半数の票を得た高市早苗氏が断トツ1位です

高市早苗,人気,評判

またタレントの田村淳さんが、Twitterユーザーを対象としておこなったアンケートでも、河野太郎氏・岸田文雄氏を抑え高市早苗氏が57%とリードしています。

このマスメディアとネットでの結果の差について、SNS上では多くの意見が寄せられています。

・すごい差がついたものだ… これが民意と言っても過言ではないんですよ、

・これこそ民意の声ですね(*^^*)

・自民党総裁選、“リーダー” となるべき人は「華がある人」じゃないと駄目だと思うがなぁ・・・。「華」、そして「インパクト」が必要だ! また、いくらインパクトがあっても「バランス感覚」がない人では駄目だ!! そうなると、やっぱり彼女が最適だと思うがなぁ・・・。

メディアとネット上での支持率の差について、なかなか辛口な意見も飛び交っているようですね。その中でも、目をひいたのが高市早苗氏への高い評価です。

中には、高市早苗氏に対してリスペクトされる言葉もあるほど。その人気の高さにSNS上でも、なぜ高市早苗氏の人気が高いのか?疑問に思われているつぶやきも目にします。

ではなぜネット上での高市早苗氏の評価が高いのか、ネットユーザーの声を見てみましょうう。




高市早苗のネットでの評判とは?

以下にネット上での高市早苗氏にたいするつぶやきをまとめてみました。

政策・対策に対して高評価

・候補が出揃う前は、河野さんしかいないと思ってた 世論もそうだと思う でも、候補者討論を聞く度に、高市さんだ と思わされた そういう人、多いと思う 自民党の皆さん、そういうことなんです 国民が期待してるのは、高市さんだす 良識ある投票を!

・Q.数日前にテレビやニュースで高市さん勝ち目無いって聞いたのに2位の可能性は何で? A. マスコミにとって高市さんは既得権益に都合悪いから有利な情報は隠していたから

・高市さん支持が凄い 理由1 他と比べて圧倒的 理由2 唯一具体的に政策を言い切っている 理由3 マスコミが伝えないためネットで広めている

・冷静に政策だけで考えれば #高市早苗 候補しかないよなぁ。

・相手ミサイルへのジャミング含めて、具体的な安全保障を提示したのは #高市早苗 候補よね。 明日の総裁選、どうなりますやら?

・結局、#高市早苗 が素晴らしいのってさぁ(いきなり呼び捨てww)、保守とか政策通とかって話はさておき、最も現実的な話してるとこなんだよ。 盛ってない、綺麗事じゃない。 厳しい現実もしっかり受け止めて、最も最短距離でいける政策を国民に示してる。 立派だろ、どう考えても。

数々の高市早苗氏を評価する声。

様々な角度から高市早苗氏を支持する意見が見られますが、その中でも多く見られたのは、高市早苗氏の総裁になった後の政策や対策についての言葉です

どの声も、高市早苗氏が打ち出した政策・対策が具体的であるということに高評価をあげています

確かに、先日行なわれた高市早苗氏の2時間にも及ぶ自民党総裁選出馬会見では、今後どのような政策を行ない、それに対してどのように取り組んでいくのか、具体的に明確に自信をもってはっきりと伝えていることが印象的でした。

YouTubeにアップされた出馬会見動画の視聴回数も4,487,449回

河野太郎氏が288,169回、岸田文雄氏が8,418 回、野田聖子氏3,279 回と他の候補者と比べてもその視聴回数の差は歴然です。

多くのネットユーザーが高市早苗氏に関心を寄せていることがわかります。

しかも高市早苗氏へ対するネットユーザーの好感度の高さは動画の視聴回数だけではありません。

サナエタオル」も爆発的な人気を呼んでいるのです。




完売必至の「サナエタオル」

サナエタオルとは、高市早苗氏を応援する為に、選対本部の発足式や出陣式で議員達が掲げているタオルのことです。

高市早苗氏のイニシャル「ST」の2文字と、「Fight On!! Sanae For Japan(がんばれ!サナエ、日本のために)」とプリントがほどこされている、青色と緑色を基調にしたタオルです。

高市早苗,人気,評判「サナエタオル」を掲げる支持者達。

 

ネット上にこのタオルの画像がアップされると、「どこで販売しているのか?」という問い合わせが殺到。

9/18から1枚2000円(送料込み)でインターネット販売を始めたところ、500枚が35分で完売するほど。

また急きょ同日に追加販売した1000枚も52分で売り切れてしまうなど、高市早苗氏の人気の高さを裏付けることになりました。

恐るべし高市早苗氏の人気度ですね!




高市早苗の人気の理由は?『コミュ力』が鍵?

ではなぜそれほどまでに高市早苗氏はネットユーザーをひきつけるのしょうか?その鍵は5つの「コミュ力」といわれています。

高市早苗の5つの「コミュ力」

①感情を掻き立てる

②「救世主」としての「サナエ」

③女性ゆえの「地雷」を回避する「処世術」

④惜しみなく振りまく「笑顔」

⑤コア支持者層に「憑依」する

ではそれぞれを見ていきましょう。

①感情を掻き立てる

人とは「恐怖心」を刺激されると心が動く生き物。

高市氏は、会見で「国防にかかる脅威」「リスク」「災害」「危機管理投資」といった「恐怖心を掻き立てるワード」を使用していました。とくに力を込めたのが「海外からのサイバー攻撃」という言葉です。

「生命や財産を守りぬけない状況が続いております」「危機的状況」「新たな戦争の対応」などの言葉を使い、「私たちの生活のあらゆる場面に、その脅威がある」ということを、脅威をあおるのではなく、安心・安全を侵す、全国民共通の外敵の存在をあげることによって、聞く者の心を動かしたのです。




②「救世主」としての「サナエ」

高市早苗氏は、「守る」という言葉を多用し視聴者に救世主としての自身を印象付けました。

・「生命と財産を守り抜くこと、領土、領海、領空、資源を守り抜くこと、国家の主権と名誉を守り抜くこと。私のすべてをかけて働くことをお誓い申し上げます」

・「命、金融資産、個人情報を守り抜く」

・「日本の平和を守るため」

・「世界の平和を守るため」

この言葉を使うことによって自身が「救世主的な役割」であることを印象付け、同じ考えを持つ視聴者を惹きつけました。

「ジャンヌ・ダルク」的な高市早苗氏のポジションに、思想を同じくする人たちは無条件に惹かれたのでしょう。




③女性ゆえの「地雷」を回避する「処世術」

以前より女性が政治家であることは、多くの批判にさらされることにつながっていました。それは女性特有の「感情論」の為です。

このことを踏まえて考えると、女性リーダーのコミュニケーションは時に難しいのもといえます。

女性が強い調子で話し、怒りをあらわにすると「ヒステリック」と思われてしまい地雷扱いされ、また弱々しさや優しさを印象付けると、「リーダーシップがない」と評価をされてしまいました。

しかし高市早苗氏は、「口調は柔らかい」のに、主張を曲げることなく、「勇ましく言い切る」という、女性特有の地雷を上手く避けながら対応されていることが好評価に繋がっているのです。

④惜しみなく振りまく「笑顔」

高市早苗氏の武器はなんといっても「笑顔」でしょう。

会見の際も、意地悪な質問にも眉を顰めることなく、切り返していた姿に感心がもてました。

また口元だけで笑うのではなく、目をくしゃっと細める「デュシェンヌ・スマイル」で微笑むのも高市早苗氏の特徴です。デュシェンヌ・スマイルは、人を癒やす力があると考えられています。

高市早苗,人気,評判高市早苗氏の「デュシェンヌ・スマイル」。

会見の合間に垣間見られた高市早苗氏の「デュシェンヌ・スマイル」。実際にそのスマイルを見た視聴者からは、

時折り見せる笑顔が失礼ながらとてもキュート

とのコメントも寄せられているほど魅力的だったといえるでしょう。




⑤コア支持者層に「憑依」する

有権者が政治家を選ぶ理由として以下の2点があげられます。

①自身と同じ価値観を「共有」しているのかどうか?

②自身を「理解」し、気にかけているのかどうか?

つまり、いかに「共感をしてくれているのか?」ということです。

その点において高市早苗氏は、言葉のみの政策・対策ではなく、しっかりと支持者の目線に立って、わかり易い言葉で淀みなく説明が出来ています。

過去にあった数々の政治家に対する疑惑などが、うやむやにされる実情を目の当たりにしてきている支持者たちは、より明確な言葉を求めています。

高市早苗氏は、質問の応答もひとつとしてウヤムヤにせず、支持者に伝えています。

そのことも、今後の日本がどうなっていくのか「明確なビジョンを知りたい」と願う支持者の心に「共感」している姿として写り、支持者は、

私達を理解し、気にかけてくれている

と感じ、高市早苗氏に傾倒していくのかもしれません。




まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はインターネットユーザーからの爆発的人気をほこる高市早苗氏の評価やその人気の理由について調査してみました。

総裁選もいよいよ佳境。

マスメディアでの世論調査通りの結果となるのか、はたまた多方面からの情報が厚いインターネットユーザーの評価の通り高市早苗氏の独壇場となるのか。

今回の総裁選は大変難しいものとなるでしょう。

私達有権者は、その行く末を固唾を飲みながら見守ることしかできません。

是非第100代総理大臣には、トップに立つのに相応しい、また新しい日本を牽引していける立派なリーダーシップを持った方に日本の舵を任せていきたいものですね。


error: