俳優・女優

【2021最新】中森明菜の現在の収入がヤバい?活動状況や印税について調査してみた

花の82年組といわれアイドル全盛期にヒットメーカーとしてテレビを彩った中森明菜さん。メディアではほとんど姿を見せなくなった中森明菜さんが現在はどのようにして生活されているのかファンであれば気になるところです。

そこで今回は今でも多くのファンに愛されている中森明菜さんの現在の活動状況や収入源(印税等)に着目して調査してみました

中森明菜の2021年現在の収入がすごい!

中森明菜 ,現在, 収入

中森明菜さんの収入は2021年でもおそらく1億円を超えるといわれています。

それは2014年に瞬間視聴率42.9%をたたき出した『NHK紅白歌合戦』にサプライズゲストで登場して以来、精力的にアルバム制作ディナーショーなどを開催してきたからにほかなりません。

翌2015年に発売した活動再開後初のアルバムも、オリコン週間アルバムチャートや、配信のレコチョクデイリーランキングで上位を獲得しています。

それ以外にも、昭和の歌姫とよばれた中森明菜さんには当時のヒットソングが多く、今でもカラオケで年代問わず歌われランキングの上位に君臨するなど根強い人気を誇るほどです。

2021年には中森明菜さんをイメージキャラクターとしたパチンコ台が再導入されるとのことでもファンの間では話題となっています。

以上のようにアーティストの印税はアルバム制作や音楽配信のほか、カラオケなどからも入るため、相当な額となります

ではどのような活動内容をされているのでしょうか?

次は活動状況を具体的に見ていきましょう。




中森明菜の2021年現在の活動状況は?

中森明菜さんが収入を得られる2021年の活動状況は、

①デイナーショー(コンサート)
②アルバム制作
③配信ライブ
④ファンクラブ(グッズ収入や年会費等)
⑤カラオケ(アーティスト印税)

からのようです。

ではそれぞれを細かく見ていきましょう。

現在の活動状況① ディナーショー(コンサート)

中森明菜,現在,収入

中森明菜さんの収入源の一つとされるディナーショー(コンサート)ですが、残念ながら現在は開催されておりません

2010年から2013年まで体調不良のため芸能活動を休止していた中森明菜さんは、2016年に7年ぶりとなるディナーショー『Akina Nakamori Dinner Show 2016』(7都市10公演)を開催します。

活動再開後の初ディナーショーということもあり、約900人ものファンが集まったそうです。

そしてデビュー35周年となる2017年にもディナーショー『AKINA NAKAMORI DINNER SHOW 2017 CLUB NIGHT』を開催。14都市18公演を行いました。

当時は年に一度しか開催されない中森明菜さんのチケットはプラチナチケットとよばれ、大変貴重なものであり、チケット代は36,000円~50,000円とかなり高価なものでした。

それでも求めるファンは後を経たず、オークションサイトでは最高130,000円で取引されていました。

ディナーショー1公演=500席

500席×36,000円~50,000円=18,000,000円~25,000,000円×10(公演)*2016年

2016年のディナーショーでの利益が5千万といわれているため、2017年では2倍の1億円以上になっていると推測されます。

現在開催されていないとしても、中森明菜さんがディナーショーで得た収益はかなりのものであり、公に姿を見せない中森明菜さんの生活を補っていると思われます。




現在の活動状況② アルバム制作

次に中森明菜さんの現在の収入源と思われるのはアルバム制作ではないでしょうか。

音楽活動再開後に初めてリリースされた通算24枚目にあたるアルバム『FIXER』は、2016年1月11日付のオリコン週間アルバムチャートで自身の最高順位となる7位を記録し、発売初週に9000枚を売り上げました。

中森明菜,現在,収入

そして配信部門では、2016年1月6日付のレコチョクデイリーランキングで1位獲得という快挙を成し遂げました。

CDの売り上げおよび配信の収益については、歌唱印税(アーティスト印税)1%ほどといわれています。

中森明菜 ,現在,収入

出典

CD1枚=3000円とすると中森明菜さんに入る印税は30円となります。

FIXER』は発売初週に9,000枚ですので270,000円

中森明菜さんはファンクラブの会員数が想定で5000人といわれていますので、おそらく5,000人以上のファンからの購入はかたいと思われます。

配信ともなると、DL数は桁ちがいです。

CDでの印税はDLに比べて高いですが、何回聞いてもCD1枚分の印税のみ。ですがDLもしくは配信サービス(ストリーミング)などでは曲が1回再生されるごとにアーティストに印税がはいるしくみです。

FIXER』など、中森明菜さんの曲は2015年~現在までCD・DLにより現在進行形で販売中ですので、中森明菜さんへ入る歌唱印税は計り知れません。

82年にデビューして以来数々の楽曲を制作してきた中森明菜さん。

そのほとんどが現在も尚購入できるとあっては、アルバム制作から得られる収入が生活を支えていると考えてもよいのではないでしょうか。




現在の活動状況③ 限定ライブ(配信ライブ)

中森明菜,現在,収入

続いて中森明菜さんの現在の収入の一部を担っていると思われるのは、限定ライブではないでしょうか。

現在のアーティストによる限定ライブといえば、有料動画配信コンテンツや公衆送信によるライブ配信といえるでしょう。

中森明菜さんの場合限定ライブといっても、定額制のコンテンツで過去に行ったライブ映像を連続配信するスタイルとなっています。

9月27日(日) 12:30〜14:00 MUSIC ON TV! にて、M-ON! LIVE 中森明菜「中森明菜 TRUE LIVE」が放送されます。

  2020年11月4日 中森 明菜 OFFICIAL WEBSITE 

では定額コンテンツで、アーティストの収入が潤うことは可能なのでしょうか?

答えは可能です

『サブスクだと自分の曲を無償でばらまいているのと同じだから収入にならないのでは?』

と疑問に思う方もいるとはおもいますが、定額制コンテンツでの狙いは集客です。

集客の内容についても2つが考えられます。

①中森明菜ファンを音楽チャンネルに取り込む

②音楽チャンネルで中森明菜の知名度を上げ新しいファンを獲得する

該当する定額コンテンツに契約しているユーザーであれば、該当コンテンツのプログラムは見放題です。ましてや現在はまったくといって良いほど世間に姿を見せない中森明菜さんです。

テレビにも出ず、ディナーショーも開催されない中森明菜さんの唯一の姿を見られるのが定額コンテンツだとしたら、ファンはこぞって契約をするのではないでしょうか?

アーティストや芸能事務所は、公衆送信(ネット送信・テレビやラジオ・有線放送)に対して送信可能にできる権利をもっています。つまりは使用権(公衆送信権)です。

なので、音楽チャンネルについてもテレビの出演料と同じようなギャラが発生するのです。

集客が見込める中森明菜さんであれば、配信事業者が契約するもの当たり前のことではないでしょうか?

また月額で利用でき、様々なプログラムを何度も見ることができるということは、中森明菜さんへのメリットにもつながるのです。

ではどのようなメリットなのでしょうか?

それは以下の2つのことが考えられます。

●それまでは興味のなかったユーザーでも、話題性や興味から中森明菜さんのライブ映像を目にし関心をもつ可能性が高い

●中森明菜さんの楽曲にも関心を持ち、DL・CD・ストリーミング配信から楽曲を購入する可能性が高い

つまりは新しいファンの獲得へとつながるのです。

限定ライブから、2パターンの集客を経て中森明菜さんの印税に関わってくるというのは、あながち間違いではないといえます。

限定ライブの配信が中森明菜さんの生活費の一部となっていると思われる理由です。

現在は音楽チャンネル・MUSIC ON TV! で中森明菜さんのライブが楽しめます。

中森明菜,現在,収入

MUSIC ON TV!はいくつかの月額コンテンツから視聴ができますが、一番のオススメはスカパーです。

●年単位のしばりがない(某ブロードバンドなどの配信コンテンツでは2年以内の解約には解約料がかかる)

●加入月は完全無料!だから1ヶ月の料金で2ヶ月分の視聴が可能!

スカパーなら2ヶ月目での解約もできるので、見たい番組だけを視聴して解約することができるのも良い点です。

中森明菜さんの魅力的な歌姫姿を是非チェックしてみてくださいね!




現在の活動状況④ ファンクラブ

中森明菜,現在,収入

推定で5,000人を有する中森明菜さんのファンクラブも、現在の収入を支えていると思われます。

表だった活動は現在休止中の中森明菜さんですが、ファンクラブ『FAITHWAY』は今も運営しています。つまり入会しているファンは会費を継続的に支払っているということです。

中森明菜ファンクラブ

・新規入会:7,000円(入会金:1,000円+年会費:6,000円)

なので、推定5,000人であれば3,000万円の収入があるということになります。

またファンクラブサイトでは、オリジナル限定グッズも販売されています。

価格帯は2,000円~9,000円台まであり、ステッカーやトートバック、ウェアやアクセサリーなどが購入できます。

会員になるほどのファンであるなら、日常的に中森明菜さんを身近に感じられるグッズを数多く購入することも考えらます。

中森明菜さんのファンクラブの運営が、中森明菜さんの現在の収益を生み出しているといっても過言ではありません




現在の活動状況⑤ カラオケ

最後に、中森明菜さんの現在の収入の要となっているのはやはりカラオケでしょう。

中森明菜,現在,収入

カラオケでアーティストの楽曲を使用するとカラオケ印税が発生します。カラオケで許可を得る対価として支払うお金=カラオケ印税です。

カラオケ印税は1曲歌うごとに印税が入りますので、歌えば歌うだけ印税を得られるのです。よってアーティストの収入にもつながります。

基本的にはカラオケ印税でアーティストが得られる収入は、1曲あたり1円~3円といわれています。この価格帯は経験を積んだアーティストほど高額なものとなりますので、デビュー約40年の中森明菜さんなら1曲3円の報酬が見込めます。

1曲3円だとするなら、月に100回歌われた場合300円の印税となり、登録されている曲が10曲あるならば、それが同じように100回歌われていれば、300円×10曲

印税は3,000円です。

中森明菜さんの楽曲はヒットソングが多く、カラオケランキング上位になるほど年代問わず多くのファンに歌われています。

日本の年間カラオケ使用客数は約4,000万人。もし中森明菜さんの楽曲を1人1曲ずつ選曲したならば、4,000万×3円となり12,000万円もの印税となるのです。

現在はコロナ渦ということもあり、おうちカラオケを利用するユーザーも多くなりました。

中森明菜さんの現在の主な収入としてカラオケが上がっても不思議ではありません。




中森明菜の歌唱印税・カラオケ人気ランキング

中森明菜さんの現在の収入の要ともなっているカラオケ印税ですが、ではどのような曲がより多く歌われているのでしょうか?

中森明菜 カラオケ人気曲ランキング BEST10

①DESIRE-情熱-

②少女A

③飾りじゃないのよ涙は

④セカンド・ラブ

⑤スローモーション

⑥十戒(1984)

⑦北ウイング

⑧難破船

⑨ミ・アモーレ

⑩サザン・ウインド

JOYSOUNDより

中森明菜さんは、ユーザーがカラオケ店で撮影した動画をWEBサイトなどをとおして発信する『うたスキ動画』ランキングでも2位を獲得しており、人気の高さがうかがえます。

中森明菜さんの楽曲を選曲する比率も、女性62%、男性32%(JOYSOUNDより)と男女ともに利用されており、年代も10代~60代と広い世代で歌われています。

最近では昭和の歌謡曲が若い世代にも支持を得ています

インターネットを通じて昭和のヒット曲が紹介されることで、平成生まれの若者達に『新しい』と注目をあびているのです。

80年代アイドルは平成生まれの若者達の親世代でもあります。

外出もままならない昨今、家で『みんなで楽しめるエンターテイメント』として人気のあるおうちカラオケは今後も多くのユーザーに注目されていくでしょう。

1曲あたりのアーティストへ支払われる額は少ないかもしれませんが、この人気度が収入につながっていることは間違いありません




まとめ

今回は中森明菜さんの生活を支えている収入(アーティスト印税)をクローズアップしてみました。

最近はメディアの世界から姿を消してしまった中森明菜さんですが、昭和の時代に数々のヒットソングを生み出している歌姫とあって、活動休止中でも生活を潤すのには申し分のない収入を得ているのではないでしょうか。

もうすぐデビュー40周年。

表舞台に姿を見せない中森明菜さんの体調が少し気になるところですが、”じれったい、じれったい”思いで待ちわびながら、これからも応援していきたいですね!


error: