ジャニーズ

韓流ドラマ『彼女はキレイだった』あらすじネタバレを10分で紹介!すれ違いすぎる美男美女たち

韓流ドラマ『彼女はキレイだった』がSexyZoneの中島健人さん&小芝風花さんのW主演でリメイク放送されます

そこで今回は、韓流ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじをネタバレをふくめて結末まで10分でご紹介します!

▼主人公の中島健人さんは脚が長くスタイルが良いことでも有名!

中島健人,身長,サバ
中島健人に身長サバ読みの噂?シークレットブーツ着用?実際の身長を画像で検証ジャニーズの人気グループSexy Zoneのメンバー中島健人さん。 そのイケメンさと抜群のスタイル、ブレない王子様キャラでファンを...

▼ライバル役は赤楚衛二さん!実は元アイドル出身!

赤楚衛二,平野紫耀,画像
【画像】赤楚衛二はボイメン時代に平野紫耀と同期だった!現在も交流はある?注目の若手俳優・赤楚衛二さんは、現在はドラマや映画で大活躍ですが、以前は名古屋のご当地アイドル『BOYS AND MEN(ボイメン)』に...

『彼女はキレイだった』とは?

韓流ドラマ『彼女はキレイだった』とは、2015年9月16日から同年11月11日まで韓国・MBCで放送されたテレビドラマです。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ

話題ドラマに贈られる『MBC演技大賞』を総ナメにし、最高視聴率は19.7%!そして同時間帯ドラマ視聴率1位を独走した大人気ロマンティック・ラブコメディです

キャストにカメレオン俳優と呼ばれる韓流トップスター、パク・ソジュンやK-POPアイドル・SUPER JUNIORのチェ・シウォンなどをむかえ、恋愛現役世代である若者の心をとらえました。




『彼女はキレイだった』のあらすじ概要

ではここからは『彼女はキレイだった』のあらすじを簡単にご紹介します。

『彼女はキレイだった』あらすじ

子供の頃は美人で優等生、そしてお嬢様だった主人公・へジン(日本版:小芝風花)。

しかし実家は倒産し、成長するうちにいつしか冴えないアラサー女子に変貌し、就職浪人中で親友の家に居候させてもらうボンビーガールとして生活する日々をおくっていた。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ女子力0のヘジン(左)と大親友の美女ハリ(右)

そんなある日、ヘジンの元に幼なじみのソンジュンから『会いたい』とメールが届く。

幼い頃太っちょでいじめられっ子だったソンジュンに恋していたヘジン。

しかし待ち合わせ場所へ現れたのは、超絶イケメンに変身したソンジュン(日本版:中島健人)だった

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ超絶イケメンに変貌をとげたソンジュン(左)

冴えない姿は絶対見せられない!と気後れしてしまったヘジンは、咄嗟にルームメイトの大親友で容姿端麗なハリ(日本版:佐久間由衣)に自分の代役を頼み、初恋を終わらせようと考える。

―― ―― ――

時同じくして、ようやく出版社へと就職が決まったヘジンは、編集部の副編集長であるソンジュンと再会してしまいーーーー。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレドジなインターン・ヘジン(左)とドS副編集長・ソンジュン(右)の恋は行方は……?



『彼女はキレイだった』のみどころ

『彼女はキレイだった』のみどころは、なんと言っても、主人公・ヘジンとイケメン幼なじみ・ソンジュンとの「これでもか!」と思うほどの初恋のすれ違いぶりといえます

ですが、それ以外にも韓国で大ヒットをした本作にはキュンキュン要素がたっぷり

では他にはどのようなキュンキュン要素が含まれているのか、実際に韓流ドラマ『彼女はキレイだった』を視聴した筆者自身が感じたみどころをいくつかピックアップしてみましょう。

①恋の四角関係

②ドS鬼上司VSドジな出向インターンのバトル

③超個性派先輩記者&主人公の師弟?兄妹?関係

④大親友と主人公の絆&切ないすれ違い

⑤一見冷たく見えるドS上司の変貌ぶり

これ以外にも、編集部内での玉の輿をかけたラブゲームや、御曹司を探せ的謎解きゲーム強烈な個性を放った編集長キャラ、そしてドラマに奥行きを与えるメインキャラクターの過去の出来事など『彼女はキレイだった』にはまだまだみどころが満載です




『彼女はキレイだった』のあらすじを結末まで詳しく紹介(ネタバレ有!)

ここかからは第一話から最終話まで『彼女はキレイだった』のあらすじを結末まで詳しくお伝えします!

あらすじ① 初恋~別れと再会

昔はお姫様的存在だったヘジン(日本版:小芝風花)は今では似ても似つかない残念女子に変わっていた。

就職もままならず、美人で一流ホテルの支配人・ハリ(日本版:佐久間由衣)の家に居候中だった。そんなある日、ヘジンのもとに幼なじみだったソンジュン(日本版:中島健人)から1通のメールが届く。

太っちょ・大食い・おっとりと三拍子揃ったソンジュンは幼い頃はいじめられっ子で、よくヘジンがかばってあげていたのだ。そんなソンジュンはヘジンの初恋相手だった

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ子供時代のぽっちゃりソンジュン(左)と可憐なヘジン(右)

しかし15年ぶりにの再会に期待してソンジュンを待つヘジンの前に現れたのは、スレンダーなイケメンへと変貌を遂げたソンジュンだった!

自分の冴えない姿を見たソンジュンが失望しないようヘジンは咄嗟に美人のハリを自分の代役としてたて「もうすぐ留学するから会うのは最初で最後」だとソンジュンへ嘘を伝える。

ソンジュンは、留学のお祝いとしてルノワールの『覗くお姉さん』のデザインされている赤い傘をヘジンへとプレゼントして別れる。

―― ―― ―― ――

やっと採用された出版社の管理部での初日。通告されたのはファッション雑誌『THE・MOST』編集部への3ヶ月の出向だった

オシャレから縁遠かったヘジンは拒むが、採用時自分を推薦してくれた部長の頼みとあって渋々出向を承諾する。しかしそこにはNY本社から新副編集長として赴任してきたソンジュンの姿があった




あらすじ② 編集部での日々

部長に何度も出向辞退を申し出るヘジンだったが、編集部の編集長が親会社・会長の妹というしがらみがあり、辞退をなかなか受け入れてもらえない。

あきらめて編集部でインターンとして尽力するヘジンは、ソンジュンに自分が幼なじみのヘジンということがバレないかとヒヤヒヤした日々をおくる。

そのため本来の実力が出せず仕事はミスばかりのヘジンを、自分の想う幼なじみとは微塵も思わず辛辣な態度で接するソンジュン

冷酷な対応をされながらもヘジンは(3ヶ月の辛抱だ)と必死に仕事を続ける。

ヘジンの滑稽ながらも一生懸命な姿を気に留める先輩記者・シニョク(日本版:赤楚衛二)は次第にヘジンに関心を寄せるようになる。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレヘジンが気になる先輩記者・シニョク

ある日エレベーターが緊急停止し、突然ソンジュンと二人きりで閉じ込められてしまったヘジン。

あまりの緊張に息ができなくなったヘジンの姿を見たソンジュンは、ヘジンを閉所恐怖症だと思い、「不安が治まる」とヘジンの耳にイヤホンをさす。それは昔ヘジンが雨を怖がったソンジュンに教えたことだった

―― ―― ――

ある日、仕事で訪れたホテルでヘジン(=ハリ)の姿を目にするソンジュン。留学したはずのヘジン(=ハリ)と再会できたソンジュンは喜び、ヘジン(=ハリ)と「これからも会おう」と約束する。

戸惑いながらも、ソンジュンと会ったことをヘジンに話そうとするハリだったが、ヘジンは職場でのソンジュンの姿にご立腹中。そんなヘジンを見たハリは、ソンジュンと会ったことをヘジンに話せなくなってしまう……




あらすじ③ それぞれの想い

ソンジュンを見返す為にハリの協力を経て次第に仕事で成果を出していくヘジン。

しかし仕事にもなれ順風満帆なヘジンの裏ではハリが実家の確執に悩んでいた。

久しぶりに帰った実家で傷ついたハリは、ソンジュンとの待ち合わせを放棄して一人バーへ向かうが客と諍いに…それを助けたのは、待ち合わせに来ないヘジン(=ハリ)を探していたソンジュンだった。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレバーの客と諍いを起こすハリ(右)とそれを止めるソンジュン(中)

自分も怪我をしたのに、ハリを気遣うソンジュンを見て、ハリはまた真実が話せなくなってしまう。そして募るソンジュンへの想い……




あらすじ④ 本当の初恋相手は……?

ある日ヘジンは、ソンジュンを空港へ送る大役を任される。

ドライバーとしてソンジュンを送り届けようとするヘジンだったが、またしてもトラブル発生!空港を間違えてしまったのだ。ヘジンの機転で事なきを得たが、場所を間違えたことに激怒するソンジュンはヘジンを怒鳴る。

自分の話もまともに聞いてもらえないヘジンは、自分勝手なソンジュンに呆れ、その夜酔った勢いで怒りにまかせてソンジュンに電話し「私がヘジンだ!」と暴露してしまう。

あらすじ⑤ 変人記者の憂鬱

昨夜のことをまったく覚えてないヘジンはソンジュンに失礼を詫びる。しかしソンジュンは叱るところか「昼間のことも忘れよう」と提案する。

ヘジンに指摘され自分の欠点に気づいたからだった

編集部では編集長の提案で、大きな契約をとったソンジュンのお祝いパーティーを開くことに。

夜、同僚に頼まれ職場に訪れたヘジンは偶然ソンジュンと本社との通話を聞いてしまう。そして結果が出せなければ雑誌が廃刊になってしまうこと知る。

ソンジュンがあれほどまでに仕事に厳しく、自分やメンバーに冷酷だった理由が廃刊阻止の為だったと知ったヘジンは複雑な思いになる




あらすじ⑥ 雨の思い出

ハリは心惹かれていくソンジュンへの想いを絶とうと、愛のない恋人とのデートを重ねるがソンジュンへの想いは大きくなっていく。

ある雨の日、仕事を終えバスに揺られるヘジンは事故渋滞に巻き込まれる。そしてそこに、正気を失ってパニック状態となったソンジュンの姿を見つける。バスを降り寄り添うヘジン。

ソンジュンは幼い頃、雨の中で交通事故に遇い母親を亡くしていたのだ

雨でずぶ濡れになるソンジュンに自分の服で雨を凌ごうとするヘジン。その姿にソンジュンは初恋の少女・ヘジンを重ねる。ソンジュンを心配するヘジンだったが、無情にもソンジュンに追い返されてしまう。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ幼少期のトラウマで茫然自失状態のソンジュン(左)

どうしてもソンジュンが気になるヘジンは、3つの願い事を受けるかわりに、シニョクにソンジュンへのお粥と薬の差し入れを頼むのだった。




あらすじ⑦ 動き出す関係

雨の日以来ヘジンのことが気になるソンジュン。そのせいか、ヘジン(=ハリ)に会っても何故か昔のヘジンとの相違を感じてしまう。

そして職場のヘジンが気になるようになり気遣う態度を見せる。

対照的にソンジュンへの想いが膨らんでいくハリは、ソンジュンが離れないように、ヘジンの机の上にあった、唯一の本物のヘジンの証であるパズルのピースをソンジュンに見せてしまう。

相違を感じていたソンジュンは、ヘジン(=ハリ)こそが本物だと確信し、ヘジンへの態度を一変させ、戸惑うヘジン。

複雑な心境の中、ヘジンは急遽ソンジュンと出張に行くことになる。道中トラブルを乗り越えお互いの距離が近づく2人だったが、二人きりで出張に出かけたことを知ったシニョクが慌てて二人の後を追っていた。

仕事をし無銭飲食の精算をするソンジュン(左)とヘジン(右)

初めてソンジュンはヘジンを名前で呼ぶ。穏やかな雰囲気で夕飯を共にする2人は時間を忘れ語り合う。

(今なら本当のことが言えるかも)

正体を明かそうそするヘジンだったが、その前に現れたのは、2人を追いかけてきたシニョクだった




あらすじ⑧ ジレンマ

屋台で食事をするヘジンは同席していたシニョクに「自分がヘジンだと話す」と伝える。動揺するシニョク。

しかしその帰り道シニョクは偶然ハリがソンジュンとキスするところを目撃してしまう。気づかせないようにヘジンを抱きしめ回避させるシニョク

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレヘジンを気遣うシニョク(右)

ハリに告白されたソンジュンだったが、なぜかヘジンのことを考えてしまう。

そんな中、シニョクに背負われるヘジンを見てたソンジュンは事故を起こしてしまう。ヘジン(=ハリ)とヘジンの間で気持ちが揺れ動くソンジュン。

そんな中ヘジンが仕事で大失敗してしまう。激怒したソンジュンは、自分の複雑な想いを払拭するようにヘジンにクビを言い渡す。しかしそれはソンジュンの勘違いだった

ヘジンのことになると感情的になるソンジュンに、シニョクは「彼女のことが好きだからでは?」と問いかける。そして「ぼくは彼女の事が好きです」とソンジュンに告げる。




あらすじ⑨ 大変身!

自分の誤解から解雇してしまったヘジンを気にかけるソンジュン。

特集号にヘジンの案を使うことからヘジンに編集部への復帰を持ちかけられ、ヘジンは編集部へと戻る決意をする。

そのことを切っ掛けにヘジンはファッション誌の編集らしく大変身を遂げる。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ女子力爆上がりのヘジン

美しくなり、ソンジュンとの仲も良くなっていくヘジンに気がきではないシニョク。

仲間達に快く迎えられるヘジンの裏では、本当のことを言い出せないハリが悩み続け腹痛を患い病院へ運ばれてしまう。帰宅後甲斐甲斐しく介抱するヘジンに罪悪感の消えないハリは苦しむのだった。




あらすじ⑩ 守りたい人

取材で遠方まで出かけることになったヘジンは、間違って故障車で出かけてしまう。そこへ20代の女性の交通事故のニュースが…。

慌ててバイクでヘジンの元へ向かうシニョク。そしてソンジュンもまた車でヘジンの元へ向かうのだった。

雨の中事故現場へ到着したソンジュンは、無傷のヘジンを見て思わず抱きしめる。その姿を道の反対側からシニョクが見つめていた

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレヘジンの無事をしり思わす抱きしめるソンジュン(右)

真実を話そうとマンションへ訪れるヘジン。しかしそこで目にしたのはソンジュンを待つハリの姿だった

ハリがソンジュンと隠れて会っていうことを知ったヘジンはショックを受けるが、大親友であるハリを信じようと決める

シニョクはハリに、ヘジンがハリとソンジュンの関係を知ってしまったと打ち明ける。

気遣って自分からの告白を待ってくれているヘジンの為に、ソンジュンに真実を告げることを決意するハリだったが、ホテルに訪れたソンジュンが、ハリは別人だということに気づいてしまう。裏切られたと思ったソンジュンはハリの謝罪も聞かずその場を後にする。

ヘジンに電話をし「久しぶりだなヘジン、会いたかった」と告げるソンジュン。

ヘジンは嬉しさのあまりソンジュンに会いに行こうとするが、ハリが真実を話す前にソンジュンにに気づかれてしまったことを知り、ハリを心配し帰宅する




あらすじ⑪ ガラスの心

やっとソンジュンと両思いになったヘジンだったが、ハリを想うと素直になれない

そんなヘジンの様子をいぶかしがるソンジュン。態度が急変したヘジンに詰め寄ると、

友達以上に大切なハリ、そんなハリを傷つけてまでソンジュンと恋人にはなれない」と話すヘジンにソンジュンは「焦らなくていいから逃げないで欲しい」と言う。

しかしハリはホテルに辞表を提出していた。自分を迎えに来た生母と共に日本へ渡る為だった。そのことを知ったヘジンは空港へハリを探しにいく。ハリはヘジンに「あんなことをしておいて逃げたりしない、一生謝り続けるわ」と。2人は和解する。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ空港で再会するハリ(左)とヘジン(右)

多忙でソンジュンが空港で倒れたと連絡が入り、心配そうなヘジンをシニョクは病院まで車で送る。

ヘジンがソンジュンの病室へ着いた時、ふと目を覚ますソンジュン。

そしてヘジンは「抱きしめにきた」と伝えると2人はそっと口づけを交わし、ようやく男女の交際をスタートさせる




あらすじ⑫ それそれの未来

順風満帆の2人の前にソンジュンの元上司が現れ、雑誌の廃刊の最後通告を行う。編集部メンバーは一丸となって廃刊阻止のために動き出す。

そしてソンジュンはヘジンに「雑誌の廃刊が阻止できたらプロポーズしようと思う」と告げる。

しかしここでまたトラブル発生!次号の企画の目玉であった有名映画監督のインタビューがキャンセルになってしまう。

このままでは廃刊になる!と案じた中、正体不明の有名作家・テンへのインタビュー記事の企画が持ち上がる。しかし相手は謎の人物。企画は行き詰まってしまう。

しかし後日謎の人気作家・テンから取材OKの連絡がソンジュンの元へ入る。急ぎ取材場所に駆けつけるとそこにいたのは――シニョクだった。実はシニョクが謎の有名作家・テンだったのだ

「1位奪還の為に記事を書いてくれ」というソンジュンの言葉にシニョクは一本のテープを渡す。

発売日、雑誌は1位を奪還。そこには赤裸々に語られたシニョクの過去が目玉企画として記載されていた。シニョクもホテルを引き払い姿を消す。そして、ヘジンにも出向の期限が迫っていた。

ソンジュンのYN本社異動が決まる。ソンジュンと共にアメリカへ渡る決意をするヘジンだったが、そんなヘジンは懇意の絵本作家から共に仕事をしてみないか?と誘われる。悩むヘジンだったが挑戦することを決める。

―― ―― ――

童話作家としての道を歩みながら遠距離恋愛を続ける2人。そんな中突然ソンジュンからの連絡が途絶える

心配するヘジンだったが、ソンジュンは韓国へ戻ってきていた。ヘジンと結婚し共に暮す為に

そして2人は一生のパートナーとなり、待望の子供を授かり幸せに暮すのだった。

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレソンジュンとヘジンの宝物



まとめ

公式サイトでは、続々と情報解禁され益々注目度が高まっていく『彼女はキレイだった』。

ダイジェストにあげた以外にも、最高のコメディエンヌぶりを発揮している主人公のアクションを、可憐な小芝風花さんがどこまで表現できるのかが気になるところです

またソンジュン(長谷部宗介)の冷酷無比なドS上司と初恋相手・ヘジンの前でのツンデレぶりをどのように中島健人さんが見せてくれるのかも楽しみです!

そしてアクの強いシニョクを赤楚衛二さんがどのようにつくりあげるのか?たくあんシーンにも注目したいです。

くわえて佐久間由衣さんの苦悩する美女もなかなかのみどころではないでしょうか?

彼女はキレイだった,あらすじ,ネタバレ

7月の放送にむけてこれからもヒートアップしていく『彼女はキレイだった』

新情報解禁にこれからも目がはなせない日々が続きそうですね


error: