映画

『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

芸人で絵本作家のキングコング・西野亮廣さんが脚本&監修された大ヒット絵本『えんとつ町のプペル』が、2020年冬に映画化されることが発表されました。

児童向け絵本ですが大人もハマると話題なので、あらすじやネタバレを知りたい!という方のために、この記事では『えんとつ町のプペル』のあらすじ要約をご紹介します。

美しいイラストと優しい文章で紡がれる不思議な魅力の世界観をぜひお楽しみください!

『えんとつ町のプペル』とは?

entotsumachi 11 300x167 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

『えんとつ町のプペル』はキングコング・西野亮廣さんが脚本&監督となり、35人のイラストレーターと共に作成した絵本です。

タイトル:えんとつ町のプペル(POUPELLE OF CHIMNEY TOWN)
発売:2016年10月21日
出版社:幻冬舎
脚本&監修:西野亮廣
メインイラストレーター:六七質

『えんとつ町のプペル』は絵本の構想に4年かけた西野さんの代表作です。

発売後の2017年3月からは光る絵本展、2019年3月からはVR体験イベントが日本各地で開催されてさらに人気が高まります。

2020年1月にはなんと舞台化も!

そして「えんとつ町のプペル」プロジェクト全体の”ゴール”である映画化が、2020年12月に公開が決定されました。

『えんとつ町のプペル』のネタバレあらすじ!大人向けに要約!

絵本『えんとつ町のプペル』はこの言葉から始まります。

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

早速、大人向けに要約したあらすじをネタバレありでご紹介します。

あらすじ① えんとつ町とゴミ人間

舞台は煙突だらけの町。煙で空も星も全く見えません。

そんな”えんとつ町”はハロウィン祭りの真っ最中で、仮装したお化けたちで賑わっています。

お祭りのかたわら、町のはずれでは”夜空をかける配達屋さん”が煙で咳き込み、配達中の心臓を落としてしまいました。

心臓はまだ動いており、ドクドクと動き回ったためゴミがたくさんくっついて”ゴミ人間”が誕生します!

entotsumachi 10 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

ゴミ人間は仮装した子供達にまじってハロウィンを楽しみますが、お祭りが終わると子供達はゴミ人間が”本当のおばけ”であることに気づきます。

さっきまで仲良くお祭りをしていたのに、子供達はゴミ人間からサッと離れて酷い言葉を投げかけます。

ゴミ人間の噂はすぐに町中に広まり、皆がゴミ人間を避けるようになりました。

あらすじ② ルビッチとプペル

entotsumachi 9 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

ある日、いつも通りゴミ人間が一人ぼっちで過ごしていると少年・ルビッチが話しかけてきます。

ゴミ人間はなぜ逃げないの?とルビッチに聞くと、

なんだかなつかしいニオイがするんだよ。」と笑います。

ルビッチは亡くなった父親の代わりに働き、今は煙突掃除の仕事の帰りで、“スス” だらけ。

一緒に家に行ってゴミ人間も一緒に体を洗おう!と提案してくれます。

そしてゴミ人間に名前がないと知ったルビッチは、

ハロウィンの日にあらわれたから、キミのなまえはハロウィン・プぺルだ」

とゴミ人間に名前をつけてくれました。

あらすじ③ ルビッチの父親と”ホシ”

ルビッチの父親は漁師でしたが、去年の冬に波にのまれて亡くなっています。

プペルに会った日、ルビッチはふと気になり、母親に父親の好きなところを尋ねます。

「嬉しいことがあると、人差し指で鼻の下をこするところ、かな」

entotsumachi 8 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

次の日、プペルとルビッチは、煙突の上に登っておしゃべりしていました。

ルビッチは以前にこの煙突の上から”父親の写真が入った銀のペンダント”を落としてしまったことをプペルに話します。

entotsumachi 7 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

つづいてルビッチは町の誰も信じない”ホシ”の存在について話し始めました。

「煙でおおわれている町では見えないけれど、煙の上には光り輝く『ホシ』と呼ばれるものが数え切れないほどあるんだって。」

「僕の父ちゃんが、その『ホシ』を海の上で見たんだ。」

町の人はルビッチの父親が大嘘つきだと笑いましたが、ルビッチは信じています。

「『信じぬくんだ。たとえひとりになっても』」

あらすじ④ ルビッチとプペルのすれ違い

ルビッチとプぺルは毎日待ち合わせて遊んでいました。

ある日、ルビッチが学校に行くと、いじめっ子・アントニオたちに囲まれてプペルのことで責められます。

entotsumachi 6 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

プペルが不潔だからバイ菌で風邪を引いたというのです。

ルビッチはプぺルを毎日ちゃんと洗っていると説明しますが、たしかにプぺルの体はいくら洗っても、次の日には臭くなっています。

「なんでゴミ人間なんかとあそんでんだよ。空気をよめよ。」

————

帰り道、ルビッチはまた臭くなっているプぺルに会うと、辛い感情が爆発してしまいます。

「僕は君のせいで学校でイジメられたんだ!もうキミとは遊ばない…」

ふたりが会うことはなくなり、プペルはどんどん汚れていき、もう誰も近づこうとしません。

あらすじ⑤ 空の旅へ

entotsumachi 5 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

ある夜、ルビッチの部屋の窓をプペルが叩いていました。

体がさらに汚れ、片方の腕もなく、変わり果てたプぺルは、ルビッチに”行こう”と誘います。

プペルがあまりに急かすのでルビッチは行き先もわからず着いて行くと、誰もいない砂浜に着きました。

プペルはルビッチに壊れた船に乗るように言うと、大量の風船を膨らませて船にくくりつけます。

entotsumachi 4 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

風船をつけた船は、ゆっくりと浮び、真っ黒い煙の中を通り抜けると、そこには数え切れないほどの光り輝く”ホシ”が!

entotsumachi 3 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

「……父ちゃんはうそつきじゃなかった」

ルビッチが感動しているとプぺルが”一緒には帰れない”と言い出します。

あらすじ⑥ ゴミ人間の正体

一緒に帰ろうというルビッチに、プペルは語ります。

プペルはルビッチがが失くしたペンダントを、ゴミ処理場でずっと探していたため毎日汚れてしまったこと。

でもペンダントがゴミ処理場では見つからなかったこと。

ルビッチはプぺルに酷いことを言ったことを謝りますが、プペルは優しく返します。

「かまわないよ。キミがはじめてボクに話しかけてくれたとき、

ボクは何があってもキミの味方でいようと決めたんだ」

そして、ルビッチのペンダントは意外な場所にありました。

プぺルが頭のオンボロ傘をひらくと、そこにはペンダントが。

entotsumachi 2 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

「ずっと、ここにあったんだ」

「なつかしいニオイの正体はコレだったんだね。」

このペンダントを自分から外すときっと動かなってしまうと思ったプペルは、ルビッチに感謝の気持ちを伝えてペンダントを返そうとします。

ルビッチはプぺルの手を止めて伝えます。

「毎日会おうよプぺル。そうすれば父ちゃんの写真も毎日見ることができる。毎日会おう、毎日遊ぼう!」

プペルの目から涙がボロボロとこぼれました。

そしてルビッチはプペルにここまで連れてくれたお礼と、出会えたことの感謝を伝えいます。

プぺルは照れくさくなり、ひとさし指で鼻の下をこすったのでした。

entotsumachi 12 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

ルビッチは気づきます。

ハロウィンは死んだひとの魂がかえってくる日だったね」

「会いにきてくれたんだね、父ちゃん」

entotsumachi 1 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

-完-

『えんとつ町のプペル』の世界観の見どころ!大人もハマる理由は?

『えんとつ町のプペル』は子供はもちろんのこと、大人のファンも多いです。

その理由を探っていきましょう!!

見どころ① 大事なことを思いさせてくれるストーリー

entotsumachi 3 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

紹介したあらすじを読んでいただければわかると思いますが、『えんとつ町のプペル』には大人にも考えさせられるエピソードが多く盛り込まれています。

  • ルビッチの父親は”ホシ”を信じてもらえず町の人に笑われる
  • プペルと仲良くするルビッチをいじめる子供たち「空気を読めよ」

この絵本のテーマは”夢を持つこと、夢を信じること”だと作者の西野さんも語っています。

”ホシ”は夢や信じたいものの象徴なんでしょう。

大人になると現実に必死で忘れてちまいがちだったり、信じている人を笑ってしまったり…

そんな大切なことを思い出させてくれるストーリーです。

見どころ② プロ集団による美しすぎる絵

entotsumachi 1 - 『えんとつ町のプペル』のあらすじとネタバレ!大人もハマる物語を結末まで解説

絵本の『えんとつ町のプペル』では全ページがこれら美しい絵で彩られています。

この絵本のイラストは西野さんが35人のイラストレーターと一緒に作り上げた大作!

西野さんが下絵を描き、そこに宇宙を描くプロ、空を描くプロ、人を描くプロ…などプロが集まって作り上げたそうです。

ぜひお子さんと一緒にこの素敵な絵で物語を堪能して見てください♫

まとめ

大人もハマる絵本『えんとつ町のプペル』のネタバレあらすじをご紹介しました。

芸人で絵本作家のキングコング・西野亮廣さんが監修された絵本『えんとつ町のプペル』ですが、2020年冬に映画化されることが発表されてさらに注目が集まりそうです!

美しいイラストと優しい文章で紡がれる不思議な魅力の世界観をぜひ絵本でも映画でも楽しみましょう!


error: Content is protected !!