MENU
ジャニーズ

映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

写真家・浅田政志さんの実話や制作本をもとに作られる映画「浅田家!」が2020年10月2日に公開されます。

主演が二宮和也さん、妻夫木聡さんや菅田将暉さん、黒木華さんが共演されるとあって、公開前からとても話題です!

今回は映画『浅田家!』のあらすじを、原作となる著書やご本人のインタビューなどからネタバレありで結末までご紹介します。

写真家・浅田政志さんの感じた”写真の持つチカラ”とは何なんでしょうか?

映画『浅田家!』とは

映画『浅田家!』は写真家・浅田政志さんの撮影した作品「浅田家」「アルバムのチカラ」2つの写真集が原案です。

《写真家・浅田政志さん》
unnamed - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

写真集が作成された過程と、浅田政志さんの生涯をモデルにストーリーを組んでいるようです。

そんな写真家・浅田政志さんを二宮和也さんが、お兄さんである浅田幸宏さんを妻夫木聡さんが演じています。

他にも菅田将暉さんや黒木華さん、風吹ジュンさんなど豪華なキャストでも話題になっています。

asadake 4 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”
そして監督を務めるのは、中野量太さん。

公開前から期待の高まる一作ですね!

映画『浅田家』のあらすじ要約

asadake 10 300x179 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

まずは映画『浅田家!』の公式サイトで公開されているあらすじ要約をご紹介します。

浅田政志(二宮和也)は、幼い頃から写真を撮るのが大好きだった。

そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーローなど、それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞!

受賞をきっかけに写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる――

「写真家の自分にできることは何だろう?」

ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。

「私も家族写真を撮って欲しい!」
それは、津波で父親を失った少女の願いだった―― 。

引用:映画『浅田家』公式サイトより抜粋

著書である2冊はかなりテイストの違う2冊ですが、この2冊を作った背景には、写真家としての成功と震災があったんですね…。

続いて映画『浅田家!』の詳しいあらすじを見ていきましょう!

映画『浅田家』のあらすじ詳細(ネタバレあり)

映画『浅田家!』の詳しいあらすじを、ご本人の著書やインタビューから、ネタバレありでご紹介します!

あらすじ① 浅田家の次男・政志

主人公の浅田政志さん(二宮和也)は、両親(平田満・風吹ジュン)と兄の幸宏さん(妻夫木聡)の4人家族。

子供の頃に、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志さんは、写真を撮るのが大好きになり、「撮っていて楽しいもの、ワクワクするもの」をたくさん撮っていました。

特に家族や幼なじみで初恋の相手の若奈さん(黒木華)をよく撮っていた政志さん。

そして写真好きはそのまま変わらず、高校卒業後は東京の写真専門学校に進学しました。

ある時、学校の課題で「写真一枚で自分を表現しなさい」というテーマがあり、本当に残したい『たった一枚』は何なのかなと考えた時に『家族』が思い浮かびました。

そうして撮り始めたのが、家族でどんなコスプレ・シチュエーションで撮るか決めて、再現するというもの!

asadake 3 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

その家族写真たちは、見事に学校長賞を受賞しました。

あらすじ② 写真集が芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞!

しかし卒業後は、地元の三重に戻っても定職に就かずにパチスロに通う日々を過ごします。

asadake 11 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

そのまま3年が過ぎますが、また「家族」の写真がきっかけで、また写真と向き合うようになった政志さん。

そしてプロの写真家になり、学生時代に撮ったコスプレ家族写真などを集めた写真集「浅田家」を出版します。

するとなんと写真集『浅田家』が写真界の芥川賞と言われる”木村伊兵衛写真賞”を受賞しました!

asadake 6 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

受賞をきっかけに日本中の家族から”家族写真”の撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めますが、ふと疑問が出てきました。

『写真とはなんだろう?家族写真を撮るって何だろう?』

そう考えているうちに、2011年3月11日、東日本大震災が起こります 。

あらすじ③ 被災地へボランテイアへ。ある青年との出会い

政志さんは、かつて撮影した家族の安否を確かめるために震災の1カ月後、青森県八戸市へボランティアに行きました。

震災から1カ月が経ち、知り合いの居た場所はだいぶ落ち着いていたので「もっと被害が大きいところへ行った方がいい」と言われて、岩手県野田村にたどり着きます。

「写真家の自分にできることは何だろう?」と思い悩みながらも、出来ることをやろうと役場の隣の体育館で物資を運ぶ作業を行いました。

1日の作業を終え、帰る時に体育館横の駐車場で黙々と写真を洗う3人の若者に出会います。

asadake 12 300x212 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

それが1人が野田村の写真洗浄を始めた青年・小田くんとの出会いでした。

あらすじ④ 写真洗浄ボランティアとは

小田くんは野田村出身で、震災当時は千葉県の大学生でしたが、地元の被害を聞いて「地元の力になりたい」とすぐに野田村へ向かいました。

あまりの被害に1人で出来ることの小ささに無力感を感じた小田くんは、何か出来ることはないかと町を歩いていると、知り合いの写真が落ちていました。

その写真を知り合いに届けたらとても喜ばれ、「これなら自分にもできるかもしれない!」と写真洗浄ボランティアを思いつきます。

実は自衛隊の方が救出活動をするときも、写真が見つかったら自主的に軒下に寄せておいてくれたため、写真をたくさん集めることができました。

そうして集まったたくさんの写真を小田くんが1枚1枚洗い始めたところ、手伝う人が出てきたのでした。

asadake 5 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

政志さんも翌日から写真洗浄の作業に加わりました。

あらすじ⑤ 写真を持ち主の元へ

政志さんと小田くんたちボランティアは、せっかく写真を綺麗にしても、その持ち主を見つけるのに苦労します。

そこで、ホームセンター買ったボードに写真を貼り付けて一覧できるようにしたら、続々と持ち主が見つかったのです。

さらに分かりやすいように「家族アルバム」「結婚式」「学校」などとジャンル分けをしたりと、返却にもたくさんの工夫をしました。

あらすじ⑥ 写真の持つチカラ

政志さんは小田くん達と共に写真洗浄を続け、写真を見つけて嬉しそうに、時には泣きながら帰っていく人々の表情に触れることで、次第に『写真の持つチカラ』を再確認します

美術館やギャラリーに飾られる何百万円もするような「崇高な写真の価値」とは違っても、かけがえのない、その人にとって一対一の関係にあるものが写真の本来の姿なのだと感じました。

引用:朝日新聞 インタビュー 2016年3月4日

そんな時に1人の少女が現れ、政志さんに写真を頼みます。

asadake 9 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

「私も家族写真を撮って欲しい!」

それは、津波で父親を失った少女の願いでした―― 。

asadake 8 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

※続きは映画公開後に追記いたします!!

まとめ

asadake 1 - 映画『浅田家!』のあらすじを詳しくネタバレ!テーマは”写真の持つチカラ”

写真家・浅田政志さんの著書と体験を原作とした映画「浅田家!」のネタバレあらすじをご紹介しました。

写真家・浅田政志さんの感じた”写真の持つチカラ”を、ぜひ映画館で感じてください。


error: Content is protected !!